市政報告.jpg

2017年小林つねよし市政報告会を6月23日、文化会館・小ホールで開催しました。
「進取」を掲げて取り組んでいる2017年。市政の最新情報を約1時間にわたってお話しさせていただきました。
小ホールに入りきらないほどの皆様にお越しいただき、若干ペース配分を間違えるほど力が入ってしまいました。本当にうれしく思います。あらためて、感謝を申し上げます。
私の3期目も折り返し地点を過ぎました。オープニングのムービーでも強調しましたが、政治信念である「市民協働」「現地対話主義」を貫き続け、これからも「進取の気概」を持って突き進んでまいります。
ご期待ください!

2017 ゴルフ.jpg

小林つねよし後援会の2017年ゴルフコンペを5月15日、大厚木カントリクラブ・本コースで開催しました。
曇り空の中でのラウンドとなりましたが、250人の皆さんにご参加いただきました。
表彰式には、私も駆け付けさせていただきました。笑顔あふれる皆さんの姿に、充実した一日をお過ごしいただけたことを実感しました。

guragoru.jpg

第3回上依知・猿ケ島後援会合同グラウンドゴルフ大会を4月19日、猿ケ島スポーツ広場で開催しました。
前回大会にに引き続き、雨の影響を受けて翌日に順延したこの大会。それでも90人を超える皆さんにご参加いただきました。
天気も一転して良い天気で、さわやかな汗を流すことができました。皆さん、大変お疲れさまでした。

咲良会で旅行に行きました

小林つねよし後援会女性部の「咲良会」で、春のお花見旅行に行ってきました。
今回の行き先は、八王子市の「とうふ屋うかい」と調布市の深大寺・神代植物園。写真は撮り損ねましたが、美味しい豆腐料理と深大寺の見事な桜を楽しみ、春のひとときを満喫しました。
ご参加の皆さん、誠にありがとうございました。

新春の集いを開催しました

新春の集い

小林つねよし後援会主催「平成29年新春のつどい」を、1月22日にレンブラントホテル厚木で開催しました。
今年も小林つねよしを支援してくださる多くの皆様にご参加いただき、盛大に新年を祝うことができました。
会場にも掲げさせていただきましたが、今年の市政運営のテーマは「進取」です。先見の明を持って進めてきたまちづくりをさらに一歩前へ進めていくため、積極果敢に取り組んでまいります。

写真 2016-12-16 16 43 44.jpg

第2回上依知・猿ケ島後援会合同グラウンドゴルフ大会を開催しました。
当初は14日の開催を予定していましたが、天候の関係で本日に延期になりました。
90歳の方にも元気にご参加いただくなど、皆さんに青空の下でのプレーをお楽しみいただきました。
皆さん、大変お疲れさまでした。

市政報告会を開きました

14364823_1998780257029502_7520880588129003729_n.jpg


小林つねよし後援会主催の市政報告会を、文化会館の小ホールで開催しました。

3期目のマニフェストでお約束した事業の進捗や厚木の今について、約1時間(気合が入り過ぎてちょっとオーバーしましたが...)にわたってご報告しました。会場には入りきらないほどの皆様にお越しいただき、本当にうれしく思います。あらためて、感謝を申し上げます。

私の市政運営のスローガンは「みんなでつくろう元気なあつぎ」です。政治信念である「市民協働」「現地対話主義」を貫き続け、皆様との約束を果たしていけるよう努めてまいります。今後も多くの皆様にご指導、ご協力をいただきますことをお願い申し上げます。

ゴルフ.jpg

5月10日、小林つねよし後援会の2016年ゴルフコンペを厚木国際カントリー倶楽部で開催しました。

前日の雨が嘘のように上がり、新緑の中で大勢の皆さんに心地よい汗を流していただきました。

成績が良かった人も良くなかった人もいたでしょうが、成績発表のパーティーではみんなが賞品を受け取ってにんまり。気持ちの良い一日を満喫しました。

13043377_1936283676612494_2483959978027708425_n.jpg

上依知、猿ヶ島5町の後援会で、グラウンドゴルフ大会を開催しました。
素晴らしい天候に恵まれる中、総勢100人近くの皆さんが参加。
青空の下でプレーを楽しみ、90歳の方も元気に参加してくださいました。

_DSC7630.JPG


昨日今日の2日間にわたって開催した「かながわグルメフェスタin厚木」に、ボランティアとして小林つねよし後援会女性部「咲良会」の皆さんに奮闘していただきました。

延べ254人のボランティアのうち、約80人もの皆さんが協力してくださったことを心から感謝いたします。

大会は2日間で17万9000人を集めて大成功。あつぎが元気に盛り上がったこと、みんなで熊本への思いを共有しながら大会を運営できたことをうれしく思っています。